不正咬合について

不正咬合の代表的な例

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

出っ歯と呼ばれる前歯が前に出ているタイプの歯列です。日本人に多くみられる症例です。
上の前歯が極端に突き出ている場合と、上顎の骨自体が前にずれている場合があります。

下顎前突(かがくぜんとつ)

いわゆる受け口と呼ばれるものです。下の前歯が上の歯よりも前方に出ている場合と、下顎の骨自体が前にずれている場合があります。

叢生(そうせい)

乱ぐい歯と呼ばれ、歯が凸凹になっているタイプの歯列です。

正中離開(せいちゅうりかい)

すきっ歯と呼ばれ、上の前歯の間隔が開き、すきまがある歯列です。

開口(かいこう)

奥歯を噛み合わせた時に、上下の前歯が噛みあわず、開いた状態になっているケースです。無意識に口が開いてしまっていることが多いようです。

過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯が下の歯に必要以上に被さっている状態です。下の歯が上顎の内側を咬むため、上顎の歯肉が腫れるなどの症状が現れるケースもあります。

交差咬合(こうさこうごう)

噛み合わせが左右にずれている状態です。顎が左右に歪んでいるため、奥歯で物を強く噛んだり、歯を食いしばったりすることができないこともあります。