診療の流れ

歯並びと咬み合わせの悪さを治す矯正治療においては、「歯のズレ」と「骨格のズレ」の両方を正しく把握することが大切です。そのため当院では、治療前の検査・診断をしっかり行うことに努めています。

精密な検査結果をもとに分析を行い、必要な治療を見極めて患者様にご説明し、ご納得いただいてから治療を開始します。一般歯科とは、まずこのスタートから違います。その後も小児矯正の場合は特に、成長変化を見守りながら、随時必要な対応をしていきます。

初診相談

既に治療済みの類似症例をお見せしながら、患者様の咬み合わせや問題点をご説明し、治療の流れや矯正料金等についてご説明致します。患者様は審美的な理由で矯正を希望されることが多いのですが、歯並びや咬み合わせの悪さは実は機能に大きく影響しています。「しっかり咬める」口腔機能あっての審美であり、矯正治療はそのトータルバランスを考えて治療していきます。

精密検査

治療を希望されましたら、現在の状況を判断するための検査(骨格の位置関係等を分析するための規格レントゲン撮影や、歯列びの模型を作るための印象採得)を行います。検査の詳しい内容については、「検査と診断」のページをご覧ください。

診断・ブラッシング指導

検査から約2週間後、検査内容と治療方針について、資料をお見せしながら詳しくご説明致します。抜歯の必要があるときには、その理由もわかりやすくご説明致します。治療を始める前に、成長や歯の萌出待ちなどで適切な開始時期になるまで定期観察に入っていただく場合もあります。また、基本的な歯磨きを、実際に体験していただきながら衛生士よりご指導致します。

治療中は大体月に1回の通院で、期間はおよそ1年半から2年前後です。症状の程度で若干異なります。

診察

矯正治療の開始

まだ完全に永久歯に萌え替わっていない場合では、第1期治療として最初に問題点の解決を行ったあと、途中観察(この場合の通院は3~4カ月に1回程度)を経て、最終仕上げとして第2期の治療に入ります。「標準治療」ではその際にプラスαの矯正料は必要ありません。

途中観察

動的治療の終了・保定開始 定期検査

きれいな歯並び、正しい咬み合わせになったあとは、後戻り防止のため、目立たない装置を口腔内に装着し、保定を開始します。またここで一度定期検査を行い、後日、今までの変化をご説明した後、最低でも2年間はアフターフォロー致します。

治療終了 定期検査

最低2年間の予後観察の間、半年に1回程度の保定装置のチェックを経て、本当の意味での終了です。再び定期検査を行い、今までのすべての変化を必ずご説明致します。
親知らず(第三大臼歯)があり、問題を起こしそうな場合には、抜歯する時期を見落とさないように、その後も1年に一度診せていただく場合があります。お子様の矯正の場合は、成長変化を確認させていただき、再治療の必要があるかを検討します。